感染後に見られること|ネクスガードチュアブルで簡単にペットを守れます
オレンジの錠剤

感染後に見られること

たくさんの薬

フィラリアが実際にペットの体内に入ったとき、いきなりペットが暴れ出したりすることはまったくありません。
実はフィラリアの感染は起こったその瞬間では基本的に何も症状として表に現れないので、誰にもその感染をすぐに確かめることができません。
だからほとんどの人は残念ながらある程度フィラリアが感染してからしばらくしてようやく発見するのです。

じゃあどんな理由で発見することになるのか?
まず言えるのが「咳」の症状です。
フィラリアに感染してしまった犬はほぼ大体咳き込むようになります。
しかも頻繁に咳をするので、きっとわかりやすいのではないでしょうか。
その咳がフィラリアを指しているかどうかはわかりませんが、フィラリアの疑いはかけておくべきでしょう。
もしあなたのペットが咳をするようになったら、フィラリアの可能性があるとまず思っておいてください。
ちなみにさらにフィラリアの感染がひどくなっていくと、今度は食事をまともにしなくなります。
そしてそれと同時に体をあまり動かそうとしません。
つまり露骨に様子がおかしいことが目に見えてきます。
こうなってくるとフィラリアがいよいよ成長を終えて血管の中に入り込んでしまう可能性が出てきている証拠なので、今なんとかしないと取り返しのつかないことになるかもしれません。

フィラリアを予防する薬にも色々な種類が存在しているので、必ず予防薬の投与をし始めておきましょう。
ただし激しい症状が出てしまったときはすぐに病院に連れていくようにした方がおすすめです。
予防薬が逆に悪化することも状態によってはあるので、医師の判断に任せてみてください。