感染する理由とは|ネクスガードチュアブルで簡単にペットを守れます
オレンジの錠剤

感染する理由とは

カプセルを持っている白衣の男性

やはり一番怖いといえる病気といえば「フィラリア」になってくると思います。
何が怖いかというと、フィラリアの感染は常にどんなペットにもありえることに加え、死をもたらすやばい感染症だということです。
つまり簡単に感染してしまうのにそのリスクが半端ないので、常に犬や猫は危険と隣り合わせの環境で生きていることになります。

ではフィラリアはどのような形で犬や猫に感染していくのか?
その感染経路として主にフィラリアが利用するのが「蚊」の存在です。
蚊は特に夏になるほどたくさん出てくるようになりますよね。このときを狙ってフィラリアはよく蚊の体内に入り込みます。
蚊は犬の血液を吸いにいきますが、このときに犬がフィラリアに感染していると「ミクロフィラリア」と呼ばれるものが蚊の体内に入ります。
そして蚊の体内に入ったミクロフィラリアは脱皮を繰り返し、犬に感染する能力を養っていきます。
するとミクロフィラリアは次に蚊が犬に刺しに行くときに、ストロー上の器官を伝って犬の体内に入り込むのです。
これでフィラリアの感染が完了します。

そうなってくるといかに「蚊」が危険な存在なのかがわかるでしょう。
ただここで意識しておかないといけないのが「蚊はいつでもどこにでもいる」ということです。
主に夏場にしかいないと思っているかもしれませんが、残念ながら涼しくなってからも蚊は飛んでいます。
季節外れの蚊に刺されるなんて話を聞いたりしませんか?
実際に涼しくなってくるとたしかに蚊の姿はほとんど見かけなくなりますが、それはあくまでも「ほとんど」だということ。
常に蚊はすぐそこにいると思っておきましょう。