予防薬の投与について|ネクスガードチュアブルで簡単にペットを守れます
オレンジの錠剤

予防薬の投与について

カプセル

予防薬の投与についての話をしておきましょう。
フィラリアの予防をする際に考えておかなければいけないのはその「投与期間」です。
一般的にフィラリアの予防をする際に守らないといけない投与期間は「1ヵ月に1度」になります。
つまり頻繁に予防薬を使う必要はありません。

ではどうして1ヵ月に1度しか投与しないのか?

実はフィラリアというものは実際に感染してから2か月間という時間を使って成虫へと成長していきます。
フィラリアは成虫になって血管に入り始めるともう予防薬では効かなくなるので、成虫になる前に予防薬で退治しておく必要があるのです。
もし万が一この投与タイミングを間違えてしまうとフィラリアが完全に成虫になってしまう可能性があります。
常にあなたのペットにはフィラリアのリスクが伴っているので、必ず予防薬の投与は欠かさずにしなければいけません。

ただ、1ヵ月に1回となってしまうとなかなか忘れてしまう可能性もありますよね。
これだけ頻度が少ないと予防薬にかかるコストはあまりかからないにしろ、忘れてしまったり記憶があいまいになったりすると思います。
だから必ず使い始める際にはカレンダーなどでメモをするようにしましょう。
ちなみに色々忙しくて何日か投与するのを忘れてしまう場合も人間なら出てくると思います。
基本的には最後の投与日からそこまで大きく離れてさえいなければ全然間に合うので、思い出したときには必ず投与しておいてください。
ちゃんと毎月必ずフィラリアの予防薬を使うようにすれば、あなたのペットはフィラリアによって死んでしまうようなことには絶対になりません。